ホーム > 膝の状態が気になる方

膝の状態が気になる方

オスグッド・シュラッター病


病態説明

骨端症のひとつで、成長期の小児に多く発症する膝の関節症です。脛骨粗面(膝のお皿の少し下の骨の部分)がポッコリと膨らんで押すと痛みが発生し、特に膝蓋靭帯(お皿の下から脛骨粗面に着く靭帯)に強い牽引力のかかるジャンプやランニングで痛みが増強します。10歳から15歳位のスポーツを行う男子に多く見られます。

原因

骨と筋肉・腱との成長のアンバランスが根底にあると言え、成長期の骨の柔らかい時期に、激しい運動を行うことにより膝蓋骨(膝のお皿)と脛骨(下腿の骨)の間にある膝蓋靭帯に過剰な力が繰り返し加わり、脛骨の表面が損傷されて起こるものと考えられています。主に、膝を伸ばす時に使われる大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)の使い過ぎによるものと言われています。

症状

脛骨粗面の腫れや痛みです。症状には個人差があり歩くだけで痛む場合もあれば、激しい運動時に痛む場合もあります。進行すると正座が出来なくなり、膝を着いて座ることも困難になる場合もあります。

なごみの治療法

●硬くなった筋肉の疲労と緊張を和らげる…「マッサージ・ストレッチ療法」
●テーピングでしっかり固定して痛みを抑える…「キネシオテーピング療法」
●筋肉の緊張や強い痛みに緊張を和らげ炎症を抑える…「ハリ療法」
●全身バランスを改善し根本治療をご希望の方は…「筋骨バランス矯正法」
膝蓋靭帯炎


病態説明

膝のお皿のすぐ下の部分(右図の膝蓋靭帯を参照)がジャンプや急激なストップ、長距離走などの膝の屈伸を過度に繰り返す動作により膝蓋靭帯部に疼痛・圧痛・腫脹・熱感などを発生させるスポーツ障害を言います。 ひどくなると日常生活(階段昇降時など)の中でも痛みが発生します。

原因

膝蓋靭帯は骨盤から始まる大腿四頭筋がお皿(膝蓋骨)の上を通り、膝蓋靭帯となり脛骨に付着します。
この大腿四頭筋の筋肉の緊張が強い。また、お皿の位置が通常よりも高い場合は膝蓋靭帯にかかる負荷が増加し痛みが発生しやすくなります。
他にも運動時に膝がブレや立脚動作の悪さ、股関節の動きが悪い(固い)、膝を曲げる筋群(ハムストリングス)と膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)との筋力差や柔軟性の差などが原因となることもあります

治療方針として

第一は膝の痛みの原因と考えられる運動の休止ですが、実は休んでいただけでは多くの場合痛みは再発します。
なぜなら、「原因として・・・」でもありましたが痛みの原因となる苦手な動作や個々人の癖や骨格特性によりその競技の動きに適さない状態である場合があります(もちろん、補強運動などで修正できます)。
このような場合、スポーツ活動を休止して一時的に痛みが消失してもまた痛むという繰り返しとなったしまいます。
スポーツ障害全般に言えることですが疼痛を粗悪させる動作の改善が競技復帰の第一のカギとなります。

なごみの治療法

●硬くなった筋肉の疲労と緊張を和らげる…「マッサージ・ストレッチ療法」
●テーピングでしっかり固定して痛みを抑える…「キネシオテーピング療法」
●筋肉の緊張や強い痛みに緊張を和らげ炎症を抑える…「ハリ療法」
●全身バランスを改善し根本治療をご希望の方は…「筋骨バランス矯正法」
※どの治療コースも原因となる悪いホームの改善指導を必ず行います。
なごみの治療例
お勧め1 筋肉の緊張は強いが、比較的痛みが軽度な患者様へ

保険治療(電気療法・保険10分マッサージ・テーピング等)+アキュスコープ治療法
初診時:1400円  2回目:900円  3回目以降:800円
お勧め2 下肢の筋肉の緊張が強く、痛みも激しい患者様へ

保険治療(電気療法・保険10分マッサージ・テーピング等)+ハリ治療
初診時:2100円  2回目:1600円  3回目以降:1500円
お勧め3 根本的に痛みと背骨・骨盤・筋肉の歪みを改善したい患者様へ

保険治療(電気療法・保険10分マッサージ・テーピング等)+筋骨バランス療法
初診時:3100円  2回目:2600円  3回目以降:2500円

筋緊張性頭痛

筋緊張性頭痛
病態説明

頭部の周囲を取り巻く筋肉の継続した筋緊張により引き起こされる頭痛です。慢性的な頭痛の70%がこの筋緊張性頭痛といわれていて、どの年齢層にもみられます。一日中デスクワークをしている方に多くみられます。

原因

長時間のデスクワーク、車の運転、不良姿勢(体のゆがみ、なで肩、猫背、など)から起こる身体的ストレスや、人間関係、悩み、イライラ、不安感などの精神的ストレスから首・肩・背部・頭部の筋肉が緊張してしまい、筋緊張性頭痛を誘発します。

症状

首から肩・背中の筋肉が緊張し固くなり、コメカミや後頭部が締めつけられるような痛みがみられます。
午後の疲労が溜まってくる時間帯に多く出現します。眼精疲労、めまいを伴うこともあります。

なごみの治療法
  • 緊張して固くなった筋肉をゆっくりほぐす…「マッサージ療法」
  • 指では届かない深部の筋肉をほぐし血流も改善させる…「鍼灸治療」
  • 体のゆがみを改善しバランスの良い姿勢をつくる…「背骨・骨盤矯正」
なごみの治療例
お勧め1 骨盤・背骨を矯正して体のゆがみを改善し、体の動きを改善して、頭痛を改善したい患者様へ

背骨・骨盤矯正コース(電気療法+マッサージ療法+背骨骨盤矯正) 3,000円
詳しくは担当施術者にお尋ねください。

お勧め2 頭皮の緊張と頸背部の血行を改善して頭痛を取り去りたい患者様へ

ヘッドマッサージコース(電気療法+頚背部のマッサージ+ヘッドマッサージ) 3,000円

お勧め3 鍼灸で深部の筋のコリを改善し頭痛をなくしたい患者様へ

鍼灸マッサージコース(電気療法+鍼灸療法+マッサージ療法) 3,000円

お勧め4 背骨・骨盤のゆがみと筋肉の緊張を改善し、短期間で痛みを改善したい患者様へ

筋・骨バランス矯正法コース(患者様に合ったオーダーメイド治療になります) 5,000円